人工木フローリングを選ぶ際、多くの住宅所有者はウォールナットとオークの二者択一を迫られますが、この全く異なる二つのフローリングを比較することは困難です。オーク材のフローリングは最も人気のあるオプションのひとつですが、これには理由があります。オークは、美しさ、多様性、耐久性、そしてコストの面で理想的なバランスを備えています。一方、チョコレート色に輝くウォルナット材は、紛れもない「ワオ!」ファクターで、より高級な選択肢となります。

American Black Walnut

アメリカンブラックウォールナットフロアーイン

ウォルナット人工木フローリングとオーク人工木フローリングを比較する際に、私たちはいくつかの考えを提供させていただきます。エンジニアードウッドフローリング業界のインサイダーとして、私たちはウォルナットとオークのフローリングに多くの時間を費やし、それぞれの長所をよく理解しています。

オーク材 美しく汎用性の高い広葉樹

オークは広葉樹の中でも最も一般的な木材で、卓越した美しさと耐久性を持つ床材を生産しています。ホワイトオークの色はレッドオークよりやや濃く、ナッツのような茶色で、木目はシンプルでなめらかなものから複雑な渦を描くものまであります。レッドオークの心材は深いサーモン色で、木目は幅広で目立つのが特徴です。どちらのオーク材も、インテリアのニーズに合わせて様々なスタイルで仕上げることができます。

european_russian_oak_flooring

ウォールナット クラウォルナットはオークより硬いのか?シックで豪華な広葉樹

ウォルナットほど素晴らしい木材は他にありません。心材は濃いモカ色、辺材は明るい色をしていますが、赤褐色の下地や複雑な木目もあり、ステインを使っても使わなくても素晴らしいフロアになります。ウォールナットは最も魅力的で弾力性のある木材の一つであり、素朴なキッチンからフォーマルなダイニングルーム、高層ロフトまで、あらゆるデザインに適しています。

Walnut_engineered_wood_flooring_Kitchen

ウォルナットはオークより硬いのか?

エンジニアードウッドフロアの硬さは、小さなスチールボールのベアリングを板材に半分埋め込むのに必要な力の大きさを測定するヤンカ硬度スケールで記録されます。オーク材のフローリングは硬い部類に入ります。アメリカンウォールナットやブラックウォールナットは、最も柔らかい木材のひとつで、ヤンカ硬度は1010です。ヨーロピアンオークやロシアンオークのような硬い木材は、へこみや凹み、傷に強く、ウォールナットのような柔らかい木材は、摩耗が目立ちやすい傾向があります。ウォルナット材は柔らかい木材ですが、多くのお客様はその非常に豊かな色合いからウォルナット材を選び、人通りの多い場所にはエリアラグを敷いて足元の保護を強化されるようです。

Residence_Kitchen_Engineered_Wood_Flooring

ウォールナットとオークを比較する。より安定しているのはどっち?

ウォールナットやオークの床は、いずれも安定性の高い木材です。ウォルナットやオークは水にも強い。オークの繊維は緻密で、船大工やワイン樽のメーカーに愛用されています。ウォルナットはオークよりも柔らかいですが、その柔らかさゆえに衝撃に強く、寸法安定性にも優れています。

OldFarmRd_Walnut_Flooring

エンジニアードウォールナットとオークフローリングの選択

ウォールナットもオークも、安定性の高いエンジニアードフロアボードを作ることができます。エンジニアード・フローリングは、何層もの素材を接着して芯材を形成したボードで、水分や湿度が高くても膨張や収縮が少なくなっています。このため、見た目も感触も無垢材と同じです。このため、ウォルナットとオークのエンジニアード・フロアーボードの性能にほとんど差はありません。エンジニアード・フロアでは、地下室などの勾配のある場所や、輻射熱システム、コンクリートスラブの上などでも、簡単にオーク材やウォールナット材の表面を手に入れることができます。

Brushed Engineered Oak Flooring

ウォールナットとオークを比較する。どちらの木材がより良く染まるか?

ウォルナットやオークの床は汚れを受け止めやすいので、インテリアの色調を選ばず、幅広い色調に仕上げることができます。しかし、一般的にチョコレート色の床材として珍重されているため、ウォルナットの床材を別の色に染色することは稀です。

Living-Area-Oak-Engineered-Wood-Flooring

ウォルナットやオークの床をきれいに保つ

ウォルナットとオークの床のメンテナンスに関しては、オークの方が簡単な場合が多いでしょう。ウォルナット材の床は濃い色で仕上げられていることが多く、ホコリや汚れが目立ちやすいのです。掃除機や掃き掃除でほとんどのゴミやホコリを取り除くことができますし、軽いモップがけで頑固な汚れを落とすことができます。しかし、ウォルナット材の床は、表面を美しく保つために、オーク材の床よりも頻繁に掃除をする必要がありそうです。また、ウォルナット材の床は磨耗しやすいので、新品の状態を保つのは少し難しくなります。

Pepper_Walnut_HardWood_Floors

ウォールナットとオークを比較する。どちらが高価か?

オークは最も安価な広葉樹の一つで、容易に入手できるため、一般にウォルナットより安価です。ウォールナットは希少で入手が困難なため、ウォールナットフロアの価格は高くなる傾向があります。

BRUSHED-OAK-flooring

正しい床を選ぶために – GOLINKWOODの助けを借りて

ハードウッドフロアに使用する木材として、ウォルナットとオークのどちらが適しているかを検討する際、GOLINKWOODのデザインコンサルタントが専門的な支援を提供します。私たちのチームは、ウォルナットとオーク、チークとメルバウのどちらを選ぶかを決めるお手伝いをします。ハンドスクレイピングされたエンジニアードハードウッドフロアのメリットもご紹介します。リビングルーム用フローリング、ヨガ用フローリング、ホームオフィス用フローリングなど、GOLINKWOODは市場で最高級の製品を、驚くほど幅広い選択肢で提供していることがおわかりいただけると思います。

お問い合わせ